良いゴルフスクールに通えばゴルフが上手くなる
ロゴ

失敗しないゴルフスクール選びのコツ[色んな視点から判断しよう]

ゴルフをするには道具が要る

ゴルフは手ぶらではできません。いくつかの道具を用意する必要があります。東京のゴルフスクールでは、ゴルフの道具を貸し出ししてくれるところがありますが、今後のことを考えて自身に合った道具を用意しておくべきでしょう。

ゴルフを始めるなら用意すべきもの

  • ドライバー
  • フェアウェイウッド
  • アイアン
  • パター
  • ゴルフボール
  • キャディーバッグ
  • ゴルフウェア
  • ゴルフグローブ
  • 帽子

良いゴルフスクールに通えばゴルフが上手くなる

ゴルフボール

指導力が高い講師が在籍しているかチェック

ゴルフスクールでゴルフが上手くなるためには、講師の指導力がカギを握っています。スイングの仕方や、各クラブの使い方、フォームの取り方など、細かいところまで指導してくれて、かつ上手くなるためにはどうすれば良いのか、分かりやすく教えてくれる講師だと安心してレッスンを受けることができます。講師の教え方が上手いかどうかは、インターネットからでは判断できません。体験レッスンというのがありますので、それを利用することにより見極めることができます。

一度のレッスンでどれだけの参加者がいるのかチェク

ゴルフスクールによって、一度のレッスンの参加者の人数に違いがあります。大人数の場合もありますし、少人数制やマンツーマンで指導を受けることができるところもあります。レッスンをうけるのであれば、なるべく少人数制やマンツーマンのゴルフスクールへ通うようにしましょう。その理由は、一回のレッスンにかかる時間に限りがあるところにあります。人数が多ければ多いほど、一人あたりの指導時間が短くなるのです。指導時間が短ければ、効率的な練習ができません。人数が少なければ、より多くの時間指導を受けることができます。

通いやすさをチェック

ゴルフスクールの所在地は、ゴルフスクールを選ぶうえでも重要なポイントとなります。いくら良いゴルフスクールであっても、自宅からゴルフスクールの施設に行くのに時間がかかったり、交通費が多くかかってしまうと、通うのが面倒になります。途中で挫折しないためにも、通いやすいかどうか必ず確認しておきましょう。

レッスンを受けるならクラブの手入れが必要!その方法とは?

中性洗剤を活用しよう

ゴルフクラブはまず水で洗い流しましょう。そして、中性洗剤を用いてスポンジで全体を洗うようにしてください。

フェース面は研磨剤入りのスポンジと歯ブラシが便利

フェース面の溝には土などが埋まりがちです。この部分は歯ブラシを活用しましょう。歯ブラシの細かい毛先によって、効率よく溝の汚れを落とすことができます。またフェース面に打痕が残っている場合があります。その場合は、通常のスポンジではなく、研磨剤入りのスポンジを使うとキレイに落とすことができますよ。

洗った後はきちんと乾かそう

ゴルフクラブを洗って水で流した後は、隅々まで水分を拭き取り、日陰で干しましょう。きちんと乾かさないと錆びてしまいますので、注意が必要です。